【家スロ】懐かしの名機#15 スーパーブラックジャック(ネット 4号機)

家スロ実践「懐かしの名機」第15弾はスーパーブラックジャックです。
開発/発売:ネット/2003年10月
TYPE:Aタイプ+AT +ST

この機種は、業界初のST機となった「ブラックジャック777」の後継機として登場しました。また、ネットの人気キャラクター「Rio」を始めて登場させた台でもあります。「Rio」自体はパチンコやパチスロをやったこともない人でも知っている人気キャラクターになり、その後の「Rio」の名前が付いた機種が続々と発売されることに。

本機のシステムはストック機能をメインにしており、ボーナスを一度貯留(ストック)し、ある条件に達した時に放出するというものでした。主に通常時にBIGボーナスを引き、ボーナス中のミニゲームなどからストックタイム(ST)に突入させ、ストックタイム(ST)中にRIOチャンスの抽選を受け、当選したらRIOチャンス消化後にボーナスを放出するという一連の流れでドンドン出玉を増やしていくというものでした(説明が難しい💦)。

ただ、上記は王道パターンでストックタイム(ST)に入ってもよくて100ゲーム、その間にRIOチャンスをGETできるかというとなかなか難しく。大抵通常時のボーナス解除抽選に当選がメインでストックタイムも50ゲームが大半だった気がします。

長いストックタイム(ST)にさえ入れてしまえばほぼ勝ちが確定するので、一発逆転狙いでこの台を打ったりしてましたが、大抵負債を増やして帰ることに。勝つこともありましたが、よくて1000枚くらいだったと思います。相性的には悪くはなかったので、ちょろちょろ打っていた覚えがあります。

途中演出など省略してある箇所もありますが、 楽しんで見ていただければと思います。